事業者ローン審査甘い

事業者ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の事業者ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの事業者ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい事業者ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている事業者ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

事業者ローンまとめ

結論!全国で無数にある事業者ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

事業者ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる事業者ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。事業者ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。事業者ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.事業者ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.事業者ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる事業者ローンや商工ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の事業者ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の事業者ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

事業者ローンの基礎知識コラム

すぐにお金が要る時、ビジネスローンの契約を自動契約機を使ってするのが最も早くお金を用意できるはずです。自動契約機を使う時は、審査されている間に、その場で待ち時間が発生します。なので、長い待ち時間にならないように、他の方法より早く審査が行われるのです。最速でお金を借りるなら、ぜひ自動契約機を使ってみてください。利用した事業者ローンの返済法を考えるにあたって一定額以上の繰り上げ返済を選択するという事は実際に借りた金額すべての額が減ることと長期的な返済の期間を短くするのにとてもメリットが大きく、効率的です。その理由は、繰り上げ返済した現金のすべてが元本返済に回され、ローン全体が減少するからです。ただ、人によっては繰り上げ返済不可能という大変心苦しいシステムの設定になっている事も可能性としてあり得ます。借り入れは慎重に行い、必要以上に借りないよう注意してください。借金が複数ある状態の多重債務というものになってしまうでしょう。なぜなら、一社から融資を受けられる金額って上限があります。返済日になれば嫌でも、お金を返済するために別の金融機関なりから調達してこないといけません。これを何回も行うと、多重債務者という肩書きがついてしまいます。消費者金融は昔よりも身近なものとなりましたが、その本質は変わっていません。商工ローンはいわゆるサラ金で、返済にめどがたたないと地獄に落ちるのは変わりないのです。あまり考えも無しに借金するのはやめましょう。利用する際は、「返済しないと重大なことになる」ことを心に留めて活用するようにしましょう。最近では、もはや当然のことかもしれませんが、無人契約機の登場は先進的なことでした。なぜかと言うと、それまでの事業者ローンサービスは店頭窓口で行うというのが当たり前だったのです。今はもっと手軽で便利になり、自宅に居ながら契約することが可能となっています。身近なもので言えば、スマートフォンを使ってアプリを入手したら、すぐに申し込みもできますし、返済計画を立てられるのでとても便利です。使い方次第で便利になるビジネスローンは、利用の仕方でリスクを伴います。もし返済が遅れてしまえば、他のローンを契約する時にも支障をきたします。とりわけ住宅ローンや車のローンなど高額の買い物になるのにローンを検討した際、かつて返済遅延をしてしまっていたら、ローンの契約で落とされることもあるのです。たかが一日であっても遅れぬよう、心がけて利用しましょう。キャッシング残高が残っているつもりで、お金を借りようとATMで操作をしたら借入可能金額のところがゼロ円になっていて、それ以上お金を借りられないことが、稀にあるようです。これは、業者がキャッシングの利用を停止したということでしょう。主な理由としては、そのほかのキャッシングサービスやローンと多重契約した時に、借入を止められる可能性が高いです。もはや、キャッシングはできませんから、手持ちのカードは返済専用として使うしかありません。貸金業者からキャッシングしたいという場合には、融資可能かどうかの判定をパスしないと始まりません。何処で働きいくら収入があり、支出(借金)があるかどうかなど融資をして大丈夫かどうかという判定にかけられます。かかる時間はまちまちですが、スムーズにいきますと想像しているよりも早く、三十分を見積もっておけば必要なやり取りを終えることが可能ではありますが、申込時に記入した仕事先に籍があるかチェックしてから融資がこの段階で初めてスタートするということですので、適当に済ませずに慎重に取り組みましょう。本人とは異なる名義でカードローンの契約を結ぶことは禁じられています。利用者本人が必ず自己名義で契約を行わなくてはなりません。契約をするのが夫の所得で支払いを賄おうとしている専業主婦である場合であっても変わりなく、名義人を妻本人として契約を交わさなくてはなりません。支払いの責任を負うのは名義人である妻となります。それが同じ世帯の人同士の間でも、他の人の名前を用いて契約するのは違法行為に当たります。もし、承諾していた場合には、名義を借りた側だけでなく貸した側も罪を犯したことになります。キャッシングを使用している中で多重の債務に陥る危険性を回避するには、まず、ちゃんとした返済の計画を立ててそれを実行にうつすことですが、もう一つ重要なのはある融資の返済が終わっていないのに新たに事業者ローンをしないといった覚悟です。たとえ、急な怪我やトラブルなどに巻き込まれてしまったのだとしても、借入金の返済期日を忘れてしまい、返済金を払いそびれるようなことは厳禁です。これをしてしまうと、信用情報機関に事故歴として記録されてしまい、今後の融資が停止されるだけでなく、他社のキャッシングサービスの申請に障害になることがあるのです。保証人も必要なく、担保を用意しなくても借入ができるということは、約束通りの返済があることを信じてお金を貸すわけです。責任を負える大人だからこそ、こうした信頼を裏切るような行動は控えてください。実際にキャッシングすると分かるのですが、審査の度に、職場にまで在籍確認の電話がありますが、煩わしく感じませんか。ですが、赤の他人にお金を貸してくれるなんてところは、あり得ない事だと思います。そうでなければ、それは社会常識が通用しない場所だという事です。カードローンの場合も同様です。審査が大切なことが、分かっていただけると思います。お金が必要なことになり事業者ローンの利用をしようと思っても債務整理中だからお金の借り入れはできないと諦めている方は多いのではと思いますが、断念するのは早いようです。よく確かめてみると債務整理中といったことであってもお金を貸してもらえる金融機関は存在します。諦めるよりまず探してみるといいのではないでしょうか。これはカードローンに限定した話ではありませんが、借金をしようとした際に、貸す側が何より気にすることと言えば、借りる人がきちんと返済できるのかどうか、という問題ですよね。その為に、住宅ローンの審査の段階でカードローン利用が原因で、住宅ローンの返済が見込めるか、経済的な能力はあるのか、といった不確定要素から良い評価にはならないでしょう。消費者金融でかなりの利息でお金を借りているときには過払い金を請求すれば払い過ぎたお金が戻る事を知識としてお持ちでいらっしゃいますでしょうか?総量規制という法律が作られたおかげで、過払い金を請求して利息を取り返す人が増えてきています。

事業者ローンお役立ち情報

事業者ローン比較第1位!

事業者ローンすぐ借りたいなら