事業者ローン審査甘い

事業者ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の事業者ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの事業者ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい事業者ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている事業者ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

事業者ローンまとめ

結論!全国で無数にある事業者ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

事業者ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる事業者ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。事業者ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。事業者ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.事業者ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.事業者ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる事業者ローンや商工ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の事業者ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の事業者ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

事業者ローンの基礎知識コラム

基本的にキャッシングを利用すれば返済日までに、借り入れ金額と利息を合わせた金額を支払うのが原則となっています。たとえ一回でも延滞したり、返済出来なかった場合にはお金を借りた業者から一括で返済するように要求されてもおかしくありません。なので、どうしてもお金を準備できない時や返済が難しい時には、業者に前もってその旨を伝えましょう。そうした連絡をしっかりとしておけば、いきなり督促がくることもなく、今後の対応について相談することも可能だからです。キャッシングの返済日は厳守するようにして下さい。万が一、お金を返せなかったときは、遅延損害金(遅延利息)が発生します。この遅延利息金は高金利なうえ、従来の利息に追加されるかたちで支払う必要がありますから、今までの返済金では足りなくなります。延滞することが癖になってしまうと、契約解除され、一切お金を借りられなくなりますし、信用度によっては、借金の全額を一括請求される場合もありますから、常に返済日を意識するようにしてください。お金を借りるのは面倒だなと思っていても、大人になると意外と借金とは縁があるものです。マイカーや不動産購入などは現金よりローンで購入するのが一般的ですし、クレカを使ったキャッシングや分割払いでの買い物も借金です。そして、借入金を返すときには利息分をつけて返すことになります。同じ利率なら、返済期間が短いほうが金利負担分の総額が減るので、余裕があれば早めに返済したいものです。ローンと現在の銀行の定期預金の金利を比較すると、ローンの金利のほうが高いので預貯金をする余裕があれば、ローン返済にあてるほうが経済的だというのは、そういうことです。借金の形態の一つであるキャッシングは、消費者金融などから大きな金額ではなく割と少ない額面のお金の貸付けをもらい受けるといった借金のケースなのです。多くの場合、借金の申込みをするというのであれば、万が一の事を考えて補填出来るように連帯保証人や担保が要ります。けれども、キャッシングという性質の借り入れでは、万が一の場合の保証人、担保といった補填を用意することは必須ではないのです。免許やパスポートといった公的な本人確認書類を提出すると、よっぽどの事がない限りはお金を融通してもらえます。祝日や休日に事業者ローンができるのか不安に思った方はいませんか?安心してください。消費者金融はサービス業としての側面が強いので、カレンダー通りに動くわけではありません。元旦や大晦日はその限りではありませんが、ほとんどの業者は、年中無休の9時から21時の営業時間になっています。当たり前のことですが、営業時間内であれば、新規契約の申し込みも受け付けていますから、祝日に遊びに行くのにお金がない、といったケースでも、午前中に申し込んでおけば、その日のうちにお金を用意してもらえるでしょう。キャッシングやビジネスローンでは、借り換えを上手に使っている人たちがいます。複数の金融機関からお金を借りていたり、月々の返済額では苦しくなってきたときに、新たにローンを組み、そこで借りたお金で全額一括返済するというもので、間に合わなくて延滞履歴がついてしまうこともありませんし、返済日を先延べすることができます。借り換えでも審査はあるため、日にちに余裕を持って申し込みたいですね。また、新たなローンは従前のものより金利が高かったり、月々の返済を無理のない金額に抑えると返済期間が長期化しするなどの点を承知しておかなければなりません。たった1回間に合わないだけなら、借入先に連絡すると対応してくれます。借換をするなら本当に必要なのかきちんと考えるのが後悔しない秘訣だと思います。現金が乏しいときに使える事業者ローンはコンビニでも使用可能なのがすごく好都合ですし、便利の一言に尽きます。ATMをいじっているとき、万が一他人から見られた場合でも、キャッシングしているのか?それとも引き出しているだけなのか?入金しているのか?振込を選んでいるのか?全く持って解りにくいところが安心して使える良い所です。また、24時間として利用でき、無休なところも現金が少なくて困っているときに、賢く利用できるでしょう。借り入れる為にカードを使うときは、利用するATMはその業者のところか、または、提携先のATMで行うと思いますが、業者は全てのコンビニと提携してる訳ではありません。通勤の際、よく立ち寄るコンビニにあるATMが使える業者にすることで、当然、そのコンビニから借入、返済も行えるようになります。カードローン選びは借入や返済方法なども考えて決めると、便利に利用できるようになります。申請する信用金庫などの金融機関によっては、借用限度額がそれぞれ異なる場合があり、少ない金額での利用はもちろんその日にすぐにお金を借りられる即日融資、300万円から500万円といった高額融資も申込みをすれば融資をうけることが出来ます。それに申請してから現金を受け取るまでの流れもスムーズで、手元にお金が入るので急いでいる時には特に便利です。このような借入れもカード一枚で申込みできるというのが、基本なのも嬉しいですね。カードローンは毎月返済するか、あるいは、ローンによって決まった回数で返済していきます。もし、一回でも返済できない時があった場合、それがたった一回でも信用情報として記録が残ってしまいます。ローン契約では、毎回必ず信用情報をもとにして契約するので、返済できないことがあったと発覚したら、もしあなたがローンを組もうとしても審査に通れないでしょう。キャッシングをプロミスで行う場合、電話やインターネットの他に、直接店頭窓口を利用するもの、ATMを使う方法といった4箇所から申込みすることが可能です。またジャパンネット銀行または、三井住友銀行の口座を保有している方であれば、受付が済んだ後、約10秒後には申込みをした金額が入金される便利なサービスをご利用頂けます。女性には嬉しい専用ダイヤルがあったり、30日間は無利息の期間を設けているのもプロミスのキャッシングを利用する最大の魅力といえるでしょう。キャッシングをモビットで利用する場合、携帯だけでなくパソコンやスマートフォンからも24時間申請できますし、10秒ほどで審査結果を確認できます。大手「三井住友銀行」のグループでもあるので安心して融資や年利を利用でき、申込みする方が増えています。また提携ATMが全国各地にあるため、忙しい方でもコンビニから手軽にキャッシングサービスを利用できます。また「WEB完結」ならインターネット上での手続きなので、書類を郵送することなくキャッシングできるのです。今すぐまとまったお金を用意しなければならなくなった時に、キャッシングを利用し始める人は多いでしょう。実際にキャッシングサービスに申し込む際には、借り入れや返済がしやすい業者を選ぶのがコツです。総合情報サイトのキャッシング比較などをチェックしておけば、ニーズに沿ったサービスを選べます。それに、インターネットから申し込むタイプのキャッシングサービスは対応がスピーディーなので、午前中に申し込めばその日のうちに融資を受けることも可能ですので、急いでお金を用意しようと思った場合にはこちらを選ぶと良いでしょう。給料日後にいろいろ使いすぎて、うっかり金欠になることがありますが、恥をかかないよう力になってくれるのがキャッシングです。カード一枚ですぐ融資金が受け取れるので役に立つはずです。足りない分だけの利用に留めておいて、金融機関が設定した期間内に全額一括返済すると利息を払わずに済む『何日以内は無利息』も、昔に比べると増えました。友達がいても頼みにくいのが借金です。大人なら1枚はカードは持っておけというのは、こういうことでしょう。普通、無職ではキャッシングは利用できません。安定した定期収入があることがキャッシングの利用条件になるからです。しかし、例外もあります。無職は会社などに勤めていないということですが、独身でなければ銀行のキャッシングサービスを使うことができるはずです。ただ、配偶者に十分な収入がないと厳しいです。また、借入限度額も会社員の場合と比較すると低くなるでしょう。なお、配偶者が所有するクレジットカードの家族カードを発行してもらうと、キャッシング枠を使えます。例外的ですが、無職で独身であってもキャッシングが可能な立場の人がいます。それが年金受給者です。毎月、収入(年金)を受け取れる、ということで借入限度額はさらに低くなるものの、事業者ローンが利用できるケースもあります。

事業者ローンお役立ち情報

事業者ローン比較第1位!

事業者ローンすぐ借りたいなら